歯を白く美しくするホワイトニング情報をご案内しています。

いわゆる歯科とはホワイトニングは異なる


いわゆる歯科とはホワイトニングは異なる
そもそもオフィスホワイトニングというのは、歯の表面に薬剤を塗布させ、レーザーや光を当てることで歯の色素を分解させていきます。
術後には綺麗な歯をすぐに実感することができ、即効性がホワイトニング人気の要因なのです。
ホワイトニングと呼ばれる治療は、コーヒーやお茶、また加齢などで着色してしまった歯を、削る必要なく白くすることの出来る治療のことを言います。
美しい歯を実現することで、笑顔が美しくなり、自分に自信を持ち前向きな人生を送ることができるようになるでしょう。

ホームホワイトニングでは自分の歯の形をしたマウスピースをまずは作成し、専用の薬剤を入れ装着をすることになります。
低濃度の薬品であるため安全性も高いなど、ホームホワイトニングにも様々な薬品が使われています。




いわゆる歯科とはホワイトニングは異なるブログ:22-05-29

ダイエット中は、
食べる事は24時間3食バランスよく摂ることが大切なんですが、
毎食どれくらいの割合で摂ればいいのか気になりますよね。

理想の食べる事摂取カロリーの割合は、
10時:13時:夕方=3:4:3とされています。

例えば…
24時間の目標摂取カロリーが1800kcalの場合は、
10時食540kcal、13時食720kcal、夕方食540kcal
となるわけですね。

必ずしもこの割合でないといけないという事はありませんが、
13時食に重点を置き、
10時食と夕方食は軽い食べる事で
済ませるというのがポイントです。

夕方食はどうしても豪華になりがちなので、
食べ過ぎることもなくなりますし、
胃にもやさしいですよ。

ダイエット中でカロリーが気になったり、
食べる事のボリューム感が足りない時は、
肉や魚などのたんぱく質を少し控えめにして、
きのこや野菜・海藻類などをたくさん取ると、
食物繊維も取れるし、
お腹の満足感も感じられるのでおすすめです。

食べる事の時間が不規則で
お腹が空いてしまった場合は、
間食におにぎりやバナナなどを取り入れてみましょう。

お腹が減ると血糖値が下がるため、
思考回路や集中力が低下したり、力が出なくなりますが、
間食を取り入れることで改善できますよ。

また夕方食が21時遅くなってしまう場合は、
野菜中心の軽めの食べる事にしてみましょう。

21時は消費カロリーが昼に比べ少ないので、
高カロリーのものを摂ってしまうと
脂肪として蓄積されやすくなるので注意が必要です。

食べる事はバランスが大切です。
10時・13時・夕方を規則的に取るのが難しいのなら、
賢く間食を利用して
食べる事を上手にコントロールしましょう!



いわゆる歯科とはホワイトニングは異なる

いわゆる歯科とはホワイトニングは異なる

★メニュー

いわゆる歯科とはホワイトニングは異なる
人気のプチ整形は米国のアラガン製ボトックス
インプラントなら非常に丈夫な歯を作る
品川にある優良美容外科で注射リフト
レーシックなら神奈川の美容外科を利用
肌の若返りを実現!皮膚美人を目指そう
レーザー治療を提供する美容皮フ科
正しくニキビ跡の治療は皮膚のニキビに対する治療後
湘南美容外科クリニックで医師募集を探す
美肌若返りを実現するケミカルピーリング


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)最高の美しさを手に入れる美容整形ガイド